わきの匂い対策講座|わき臭対策総合プロジェクト

小さな胸

医師と手袋

小さな胸を大きくしたいという希望を持っていたとしても、人工乳腺バッグを挿入する豊胸手術までは受けたくないと考える人が少なくありません。そのため、ここ数年はヒアルロン酸注入による豊胸手術を受ける人が増えています。ヒアルロン酸注入であれば、肌に傷跡が残ってしまう心配がありません。でも、体の中に異物を入れることには違いありません。傷跡が残らないだけでなく異物を入れることも避けたいという希望を持つ人が結構たくさんいるため、最近注目を集めるようになってきたのが、自分の体から吸引した脂肪を注入する豊胸手術です。細くしたい部分から吸引した脂肪で胸を大きくすることができますので、ある意味で一石二鳥の豊胸手術です。注入した脂肪の定着率を上げる研究が続けられていますので、今後はこの方法で手術を受ける人が増えるだろうと考えられています。

豊胸手術を受けたいと考えているのであれば、美容外科クリニックを受診する必要があります。胸が小さくても機能的には何の問題もないのが普通なので、一般的な疾患治療を行っている病院では、豊胸手術を受けることができません。見た目を美しくするための治療は、美容医療を専門に取り扱っている美容外科クリニックが行っています。最近は、インターネットが発達していますので、美容外科クリニックの情報を比較的簡単に集めることができます。どの美容外科クリニックで治療を受けたとしてもさほど変わりはないだろうと思い込んでいる人が少なくありませんが、クリニックによって治療内容や料金に意外なほど大きな違いが生じています。医師の技量も様々ですので、利用するクリニック選びには慎重を期するようにしたいものです。